バンクイック審査

バンクイックの審査お申込みはコチラ↓↓

バンクイックの審査でアルバイトの期間はごまかせるか?

アルバイトの期間が短い方は、カードローン審査で勤続年数をごまかそうと考えるかもしれません。
カードローン審査では、お勤め先の情報として名称や住所だけでなく、勤続年数も入力しなければなりません。
アルバイトの勤続期間を金融機関が確認できるものではありませんが、できるだけ正直に情報を伝えるようにしてください。
審査項目によっては、簡単にウソが見破られてしまうこともありますので、審査落ちのリスクが高くなるだけです。
アルバイトだからといってバンクイックに申し込めないわけではありませんので、正直にアルバイトの期間を伝えるようにしましょう。

 

カードローンの審査項目で簡単にバレる嘘とは?

 

バンクイックのカードローン審査で簡単にバレてしまう嘘は、別会社のローンの残高や件数などです。
他社の借入状況をごまかして審査を受けると、ほぼ間違いなく審査に落ちてしまいます。
他社の借入残高や件数については、信用情報機関のデータで正確かどうかの確認がされます。
「この申込者が嘘をついているな。。。」と判断されてしまうと、融資できるものもできなくなってしまいます。
そのため、アルバイトの期間も含めて、すべて正直に伝える方が安全ではないでしょうか。

 

バンクイックは収入がなくても申し込める!

 

また、専業主婦と比較するのは良くないことかもしれませんが、本人に年収がない専業主婦でもバンクイックから借りられます。
毎月のアルバイト収入がある方については、アルバイトの期間に関係なく、融資が認められやすいと思います。
専業主婦の融資が「限度額30万円まで」となっていますので、それを参考に多すぎない希望額を考えることが重要です。
必要としている最小限の金額を希望すれば、それだけ審査にとおりやすくなるのではないでしょうか。

 

バンクイックのカードローンは総量規制の影響があるか?

 

バンクイックを消費者金融だと思ってる方もいますが、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。
銀行のカードローンには、貸金業法の総量規制は影響しませんので、自分の年収の3分の1を超える融資も見込めます。
さらに、100万円までは証明書不要で利用できますので、用意する書類も本人確認書類だけで十分です。

 

アルバイトの期間をごまかして申込むことも可能ですが、利用中にウソがバレるとカードの利用停止となります。
堂々とお金を借りるためにも、正直なアルバイトの期間を審査で伝えるようにしましょう。

バンクイックはとても人気です!