バンクイックは他社借り入れがあっても大丈夫なの?

バンクイックの審査お申込みはコチラ↓↓

バンクイックは他社借り入れがあっても大丈夫なの?

現在、消費者金融からの借入れがあり、2社目の申込みにあたって

 

「バンクイックなら銀行ローンだから大丈夫かな?」

 

と考えることがあります。

 

消費者金融での取引については、CICやJICCといった信用情報機関でデータが保有されていますので、「銀行なら・・・」と考えてしまうのかもしれません。

 

ここでは、他社の借入れがある方が、バンクイックに申し込む場合の注意点について説明したいと思います。

 

 

■他社の借入額は正直に申告!

 

バンクイックでの申込みで「他社の借入額」について、ウソの申告をしたい、という気になるかもしれませんが、

 

 簡単にバレてしまいます

 

ので、ありのままの借入額・借入件数について申告するようにしてください。

 

申込時に申告した内容に偽りがあることが分かると、ほぼ間違いなく審査に落とされてしまいます。

 

ウソの申告での申込みに良いことはありませんので、正直に今の状態を伝えるようにしましょう。

 

 

■信用情報機関の「CRIN」システムとは?

 

消費者金融での取引の状況を銀行が確認できるのは、「CRIN」という仕組みがあるからです。

 

CRINは、日本信用情報機構、シーアイシー、全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関が、それぞれ保有している個人情報を共有するための仕組みです。

 

たとえば、消費者金融との取引でシーアイシーに登録されたデータは、日本信用情報機構や全国銀行個人信用情報センターの会員も見ることができる、というものです。

 

この仕組みがあることから、バンクイックに申し込む際に「他社の借入額」などを偽ったとしても、簡単にバレてしまうことが分かります。

 

 

■結果は申込んでみないと分からない!

 

このように、他社の借入れがあるからといって、バンクイックに申し込めなくなるわけではありませんが、ウソの申告をしてしまうと問題が生じます。

 

カードローンの審査では、他社の借入額よりも、正しく申告することを基本に自分の情報を伝えるようにしてください。

バンクイックはとても人気です!